日本ではリレンザ以外のインフルエンザ治療薬が多く使われていますが、リレンザには他の治療薬にはない即効性や安全性に特徴があります。予防に使用出来るので、シーズン前に用意しておくのが良いでしょう。当サイトではリレンザのあれこれについて紹介します。

  • ホーム
  • 筋肉痛を伴うインフルエンザに風邪薬、リレンザの投与

筋肉痛を伴うインフルエンザに風邪薬、リレンザの投与

インフルエンザは、毎年空気が乾燥しがちとなる季節に流行する感染症ですが、一般的にいわれる風邪とは症状が似ている面もあるものの、まったく別物として考えたほうがよいといえます。
単なる風邪であれば、ウイルスの感染が原因ということは多いものの、熱もさほど高くはなく、頭痛、腹痛、咽頭の腫れ、くしゃみ、鼻水、せきなどの症状が中心で、安静にしていれば自然な免疫力で治癒することもあります。
こうした場合に服用する市販の風邪薬には、ウイルスを直接やっつけるという効果はなく、熱をさましたり、頭痛などの痛みを沈静化させたり、せきを止めたりするといった、対症療法的な効果を期待することになります。

いっぽう、インフルエンザにかかった場合には、発熱についても38度以上の高熱となる上に、頭痛や咽頭の腫れなどの風邪と共通した症状のほか、筋肉痛や関節痛といった、全身にわたる重い症状が出るというのが特徴になります。
こうした場合、症状に共通した部分があるからといって、市販の風邪薬で治療しようとするのは、おすすめできる方法ではありません。
症状の重症度がまったく異なるということのほかに、市販の風邪薬の中の、特に解熱鎮痛剤にあたる成分について、併用しないほうがよいものが含まれている可能性があるからです。

海外では、一般的な風邪の治療に用いる解熱鎮痛剤をインフルエンザ患者が用いたところ、ライ症候群とよばれる症状があらわれたというケースが発生したため、これが問題視されました。
インフルエンザの場合には、リレンザのような抗インフルエンザウイルス薬が開発されていますので、こうしたものを投与するというのが最善策となります。
リレンザは吸入薬として気道の粘膜に薬剤が届くようになっていますので、ウイルスに直接的にはたらき、インフルエンザを治療することができるのです。

サイト内検索
人気記事一覧