日本ではリレンザ以外のインフルエンザ治療薬が多く使われていますが、リレンザには他の治療薬にはない即効性や安全性に特徴があります。予防に使用出来るので、シーズン前に用意しておくのが良いでしょう。当サイトではリレンザのあれこれについて紹介します。

  • ホーム
  • リレンザを使用した場合、解熱後もウイルスは拡散?

リレンザを使用した場合、解熱後もウイルスは拡散?

リレンザはインフルエンザに感染した時に処方されることの多い薬です。
タミフルは内服薬ですが、リレンザは吸入薬で使用方法が異なります。
ですが、どちらもインフルエンザウイルスの増殖を止める働きがあり、早期に解熱するなど、症状を改善することができます。

リレンザは、タミフルと異なり、耐性型ウイルスが見つかっていません。
また、内服薬でないため副作用が出る可能性も低く、まれに下痢や吐き気を感じることがあります。
薬を吸入することにより喉に付着しているウイルスに働きかけるので、タミフルよりも早くに症状が和らぎます。
また、異常行動を起こす危険性もタミフルよりは低いです。

そのため、医療機関ではリレンザを使用するケースが多く、特にタミフルが使えない10代の未成年にはリレンザが処方されます。
ですが、リレンザはきちんと吸入することで、効果を得ることができるため、吸入が難しい5歳未満の子供には処方されていません。

リレンザを使用すると、3日目ぐらいから体が楽になります。
解熱後は悪寒や関節痛もなくなるため自由に動くことができ、自分の身の回りの事も行えるようになります。

ですが、インフルエンザウイルスはまだ体内に残っている状態のため、この期間にマスクなしで人と接したり、人ごみに出たりしてしまうと、ウイルスを拡散させてしまう危険性があります。

また、体が動くようになるので、薬の服用を忘れてしまいがちになりますが、きちんと服用しないと再び高熱が出たり、ウイルスが活発に活動したりします。
解熱後もしっかりと服用を続けることが大切になります。

インフルエンザは感染力が強く、重症化しやすい病気です。
拡散しないためにも、自らも気を付けて安静に過ごすことが大切です。