日本ではリレンザ以外のインフルエンザ治療薬が多く使われていますが、リレンザには他の治療薬にはない即効性や安全性に特徴があります。予防に使用出来るので、シーズン前に用意しておくのが良いでしょう。当サイトではリレンザのあれこれについて紹介します。

  • ホーム
  • リレンザは初期症状の頃に使うのが良い

リレンザは初期症状の頃に使うのが良い

細菌

インフルエンザは全身に症状が出ることが多く、風邪よりも重いです。
風邪に比べ、肺炎や中耳炎、気管支炎、脳症など合併症を引き起こすことがあり、注意が必要な感染症の一つとなっています。

インフルエンザは主に冬に流行します。
A型の場合、高熱や倦怠感、関節痛がひどいことが多く、B型の場合は、いつまでも解熱しない、下痢といった症状が見られます。
どの型もリレンザなどの薬を使用することにより、症状を改善することができます。

リレンザは、専用の吸入器にブリスターと呼ばれる薬をセットして吸う、吸入薬です。
インフルエンザウイルスの増殖を抑えるはたらきがあり、口から直接吸うので、ウイルスが増殖する喉の粘膜や気道に直接薬を届けることができます。
インフルエンザのウイルスは症状が出てから48時間をピークに増殖し続けるため、初期症状が出ているうちに使用した方が効き目がはやく現れます。
なお、48時間を超えてしまうと、増殖が進んでしまった状態なので、リレンザを使用しても効果はありません。

インフルエンザの初期症状は悪寒と高熱が同時に現れます。
その後、倦怠感、関節痛、頭痛、咽頭痛が起きてきます。
初期の段階で鼻水が出たり、咳が止まらなかったりすることはありません。
高熱が出て、12時間ほどするとインフルエンザの検査を行った時に、ウイルスの検出がされるので、リレンザを処方してもらえます。
あまり早く行くと検出されないことがあるので、注意するようにしましょう。

リレンザを早めに吸入することで、熱を下げることができ、体が元気になってきます。
食欲も少しずつ戻ってくるので、さらに体力がついてきます。
免疫力を高めることが大切なので、リレンザで早めにウイルスの増殖を抑えるようにします。